トップ > 藝華書院の本 > チベット伝統医学の薬材研究

藝華書院の本

チベット伝統医学の薬材研究
書籍名 チベット伝統医学の薬材研究
編著 石濱裕美子、西脇正人、
福田洋一、谷田伸治
体裁 A4判 横変型 2分冊 函入
上製 192頁
並製 52頁
定価 15,000円+税
ISBNコード ISBN978-4-904706-10-7
Cコード C3047
購入する
パンフレットをダウンロードする

チベット伝統医学の薬材研究

新刊

石濱裕美子、西脇正人、福田洋一、谷田伸治

【本書の概略】

第一章

チベット医学のバイブル『四部医典』の理念と先行研究

第二章

『四部医典』の中から薬材の種別と効能を述べる箇所(第二部19 章から21 章)を和訳

第三章

寺本婉雅が1898 年に入手し日本にもたらしたチベット医学図譜の稀覯本を初出版。本図譜はチベットの医学堂で、医学生に薬材の色や形、採集地を教授するために用いられていた。

第四章

伝統的なチベット語の薬材名の下に、臨床ではどのような動植物・鉱物が用いられているのかを、チベット語の薬材名と14 冊の先行研究から抜き出した学名の対照表によって明らかにした。

【本書をお薦めする方々】

◎医学、薬学に関連する研究機関・図書館

◎医学研究者・医師・薬剤師・漢方医学・生薬学など医薬関係者

◎東洋哲学・仏教学・チベット学研究者・研究機関

◎アーユルヴェーダ研究者・医史学薬史学研究者・寺院・僧侶